コロナウィルスの為に、思うように野球ができない日々。
それでも、選手達は全力で、戦ってくれました。
が、無情にも、夏の扉は今年もこじ開けることができませんでした。
無念...。夏の終わり...

選手、指導者、保護者。

万感の思いを胸に挑んだ今年の夏季選手権愛媛県予選。

いつもの事ですが、3年生にとっては、最後の連盟公式戦。

ここを目指して、頑張って来たといっても過言ではありません。しかし、今年はそんな思いを掻き消すかのように、全世界をコロナウィルスが猛威を振るいました。

全員で集まっての練習もできず、春先からの大事な時期に自分と向き合う毎日。

苦しい中での仲間との会話も許されず、ただただ、自分の目標に向かって一人で練習を繰り返す毎日。そんな中でも、今年の3年生は本当に頑張ったと思います。

しかし、結果は2回戦、サヨナラ負け。これも、事実です。

選手達の頑張りに感謝。そして、この悔しさは、きっと君たちの未来の糧となる。